本年度の重点・努力点


 

(1)   主体的な学びの追求とキャリア教育の充実を図る。

・基礎・基本を確実に定着させ、“協同的・探究的な学び”を実践し、生徒の主体的な学習を

   追求した「分かる授業」を展開する。

・各授業では何を、どのように学び、何が身についたかを実感させる授業を展開する。

(「知識及び理解」の習得、思考力・判断力・表現力等の育成学びに向かう力・人間性等の涵養)

・将来の生活を意識させ、3年間を見通した進路指導を計画的、系統的に展開し、自ら

   進路を決定する力を身に付けさせる指導を行う。

(2)積極的な生徒指導と心の教育の充実を図る。

・「礼を正し、場を浄め、時を守る」指導の徹底を図りながら、生徒のよさを

   伸ばす積極的な生徒指導を実践する。      

<自己指導能力の育成>

・道徳教育を充実させ、いじめや差別のない学校、居心地のよい集団を形成させ

 生徒の笑顔があふれる学校をつくる。

<道徳的実践力の育成>

・特別活動の充実をはかり、生徒の主体的な活動や、発意発想を生かした

  教育活動を計画的に展開する。

<自己有用感や集団貢献力の育成・向上>

 

(3)南中スタンダードの定着と教員の指導力向上を図る。

・南中スタンダード(特別活動編)を中心とした学年・学級経営を実践

  していく中で学習編や道徳編等も確立・活用し、南中スタイルを定着させる。

・校内研修及び市教委の訪問などを契機として、公開授業・研究授業を継続

  して行うなどして教員の授業力を向上し、生徒の学力の向上を図る。

 

(4)特別支援教育の充実を図る。

・生徒一人一人の特性や成育歴などの実態把握に努めるとともに、個に応じた

  きめ細やかな指導を行う。

  その際、関係諸機関や専門家との連携を密にしながら組織的、計画的

  継続的に取り組む。

・『合理的配慮』についての理解を深め、研修を行いながらインクルーシブ教育

 を実践する。

 

(5)保護者や地域社会、小学校との連携を図る。

・PTA、学校応援団を核として、花植え・緑化活動、あいさつ運動、

 学校ファーム見守り活動などを推進すると同時に、生徒を地域や小学校

 の行事等に積極的参加させるなどして「地域とともに歩む、愛される学校」

 づくりを推進する。

・松原小・馬室小との連携を深め、小中一貫教育的な要素をふくめた連携事業

 を計画的に展開する。

 

更新日:2019年04月10日 12:36:54